Stratasysと3D印刷パックとの距離

ここでは、3D印刷の状態、企業が今日それを使用する方法、そしてビジネスの未来に革命を起こす方法を取り上げます。

Stratasysの第2四半期の業績と2014年後半の見通しは、3Dプリンタメーカーがパックから遠ざかりつつあることを浮き彫りにしており、今年の市場投入を前提にヒューレットパッカードにもっと大きなプレッシャーをかける。

同社は第2四半期の純損失を173,000ドル、1株当たりベースでも178.5百万ドル(前年同期比67%増)の利益を計上した。第2四半期の非GAAPベースの利益は1株当たり55セントでした。

ウォール街では、第1・四半期の収益は1億5697万ドルで、第2四半期の業績は44セントとなりました。

また、3D印刷の大きな謎:HPはどこですか;調査:企業の60%が3D印刷を使用または評価しています; Stratasysは2つの添加剤製造会社を買収

見通しについては、StratasysはSolid ConceptsとHarvest Technologiesの最近の買収を考慮して、2014年のガイダンスを提出しましたが、収益見通しも強い需要を示しています。同社は、同社が期待していた25%から、少なくとも30%のオーガニック収益の成長が見込まれていると述べた。

Stratasysは2014年の売上高が前回の6億6000万ドルから6億8000万ドルから7億7000万ドルになると予想しています。非GAAPベースの利益は、1株当たり2.25ドルとなる見込みです。

消費者/趣味主義者およびエンタープライズ・スプリットについては、後者のカテゴリはStratasysの収益をもたらします。 MakerBotは、第2四半期の新規製品およびチャネルの拡大により、3,360万ドルの収益を計上しました。残りのStratasysの収益はハイエンドシステムに由来しています。

Stratasys社は、第1四半期に14,909台の3Dプリンタと添加剤製造システムを出荷したと発表した。 1年前、Stratasysは1,261システムを出荷しました。利益は主にMakerBotに起因しています。

Stratasysの四半期からの大規模な買収は、競争から離れていることです。例えば、3D Systemsは最近、最近の四半期のアナリストに失望しました。

アナリストとの電話会議で、Stratasys CEOのDavid Reisは次のように述べています。

2014年の下半期を開始するにあたり、私たちは肯定的な勢いが続くことを期待しています。加えて、当社は、組織構造の改善、ならびにチャネルおよび製品開発への追加的な投資を通じ、長期的成長のためにStratasysのポジションを継続している。また、追加の戦略的買収も検討する予定です。

翻訳:Stratasysは引き続き規模を拡大します。

通話中の他の項目

地理的な販売面では、Stratasysは北米からの売上高の53%を拠出しています。アジア太平洋地域は売上高の21%ですが、世界の製造業の大部分がアジアにあると考えると、Stratasysは滑走路がたくさんあります。

月曜モーニングオープナーで私が指摘したように、HPは3D印刷市場に迷う時間がほとんどありません。どうして? Stratasysや他のプレイヤーは、HPの規模を相殺するのに十分な大きさになる可能性があります。さらに、Stratasysはエンタープライズ市場と消費者市場をカバーしており、現実はHPにとって大きな脅威となっています。

Stratasys社は、ハイエンドシステムの継続的な強い需要を見ていると述べています。製造は直接的なデジタル製造をリードしています;製造と製品の組み立てプロセス全体で使用されている金型、パターン、ジグ、固定具の製造を含む製造アプリケーションの拡張により、稼働率が上昇しています。歯科はStratasysにとって重要な垂直線とも見られます。

リコー、ブラジルへの投資を拡大

HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンタの不具合は継続する

バイオプリンティングの骨と筋肉:移植の未来を形作っているインクジェット・セル・プリンター

?サムスン、B2Bプリンター用SDKをリリース

プリンター;リコー、ブラジルへの投資を拡大ハードウェア; HPのQ3は予想を上回るが、PC、プリンターの不振は続く; 3D印刷; Bioprinting骨と筋肉:移植の未来を形作るインクジェットセルプリンター; Hardware;

この電子ブックをダウンロードする