OptusがATO契約延長を獲得

Optus Businessはオーストラリア租税局(ATO)の音声、データ、コンタクトセンター、ビデオ会議サービスのマネージドサービス契約を3年間延長しました。

Optusは2009年6月に契約を締結し、その時点で4億6,500万豪ドルの4年契約を締​​結しました。 Optusは今回の契約延長を3年延長したが、契約の価値は明らかにされておらず、Optusは書面での価値を確認していない。

同契約は、ATOのコンタクトセンター事業を含め、Optusがオーストラリア全土35カ所のATOスタッフ20,000人をサポートすると見ています。

Optusのビジネス担当マネージングディレクターJohn Paitaridisは、ATOが2014年の課税期間中、7月から10月にかけて1日当たり約69,000通を徴収し、全体で620万通を追加したと発表しました。

「我々は、ATOのコアシステムに緊密に統合された、大規模で企業規模のマルチベンダー環境を提供しています」とPaitaridis氏は言います。

ATOは、オフィス移転から複雑なアプリケーション開発プロジェクトまで、ATOのデジタルイノベーションプログラムをサポートするための一連のプロジェクトサービスを提供しています。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

イノベーション:?ブラジルにM2M市場が跳ね返り、通信事業者、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンド、通信事業者、テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、?安いデータでインドのテレコムを揺るがす自由な声