Tech企業は、D.C.-China shindigをスキップする

議会人権コーカスのイベントの2日以内に、マイクロソフト、グーグル、ヤフー、シスコの4社のうちの1社が代表団を派遣することに合意していないという。

Cynusの広報担当者、Lynne Weil氏は、「CiscoとMicrosoftの誰かを見るつもりはないと確信している」と語った。「私たちは確かに有望だが、イベントの前には48時間もかからずに、聞いたことがある。

このイベントは、Googleが中国の検索エンジンの検閲版を開設してから数日後に始まる。 Googleは、検閲は中国共産党との取引の代価であるという受け入れを黙認させるために、コーカスの発表によれば、米国の企業の中には、言論の自由や民主主義の自由を奨励する代わりに、中国のインターネット検閲の援助や少なくとも遵守を求められている人々がいる。

シスコはスケジューリングの理由から幹部を送ることはできないが、関連する2月15日の聴聞会に誰かを送るだろうと語った。ヤフーとグーグルはまた、当時代表者を派遣する予定だと述べた。マイクロソフトはコメントのリクエストにすぐには答えなかった。

水曜日の会議はコーカスによって開催される非公式のイベントであるため、企業は証言を余儀なくされることはありません。しかし、下院国際関係委員会の下で行われた2月15日の審問の主催者は、召喚状を送る権限を持ち、企業に代理人を派遣させる可能性がある。

私たちは召喚令状を持っています」と小委員会のスポークスマン、ブラッド・デイズン(Brad Dayspring)は述べています。「それを使うかしないかは決まっていません。

小委員会の議長、クリス・スミス議員(ニュージャージー州共和党員)は、先週、彼の指摘したGoogleに対する攻撃で眉をひそめた。彼は声明で、「多くの中国人は真実の奉仕において投獄と拷問を受けており、現在Googleは彼らの迫害者と協力している」と述べた。

シスコの代理人は、同社が議会のメンバーに同社の製品について教えてくれることを嬉しく思っており、中国に販売されているルータやその他の製品は既製品であると語った。代議員は、「Cisco D.C.の代理人に、会議の外でこの問題についてコーカスまたはそのスタッフのいずれかと話すように提案した」と述べた。 「共和党下院議員(トム・ラントス、コロンビア議会議長)は、下院国際関係委員会の最高委員であるため、15日の小委員会での質問にお答えすることができればと期待しています。

このウェブサイトNews.comのElinor Millsはこのレポートに貢献しました。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface