Telstra、グローバルクラウドコラボレーションサービスを開始

Telstraは本日、世界的なクラウドベースのユニファイドコミュニケーションサービスを開始したと発表しました。

このサービスは、米国、欧州、アジア太平洋地域を含む世界7拠点に及ぶTelstraのクラウドインフラストラクチャを通じて提供されます。

Telstraのグローバルソリューションは、昨年シスコと提携して開始し、25カ国4大陸で利用可能となり、テルストラのグローバルエンタープライズおよびマーケティング担当サービスディレクター、ネイサンベル氏によれば、テルストラの世界的なネットワークを介して2,000以上のプレゼンスに提供されます。

「当社の新しいグローバルサービスは、グローバルなコラボレーション機能の重要な発展であり、従業員がWeb、ビデオ、音声を使用して革新を推進し、生産性を向上させる今日の動的職場向けに特別に設計されました。

Telstra Cloud Collaborationは、世界中のスタッフに広範なコラボレーションとコミュニケーションツールを提供し、ビジネス要件に応じてユーザープロファイルと機能を上下に拡張し、オフィスで働く人と遠隔地で働く従業員が同じリソースを持つことを保証します。前記。

Cisco Collaboration Infrastructure Technology Groupの副社長兼トーマス・ワイアットゼネラルマネジャーは、Telstraは同社の主要グローバルパートナーの1社であり、両社の提携により、世界で最も包括的なクラウドベースのサービスの1つが提供されるようになりましたシスコユニファイドコンピューティングプラットフォームです。

この新しいサービスは、8月末から毎月の「労働者ごと」の基準で顧客に提供される予定です。

テルストラは、昨年3月にネットワーク・ベンダーの巨大企業と提携し、新たな音声、ビデオ、テレプレゼンス、モバイル・アプリケーション(Unified Communications-as-a-Service)を発表しました。

クラウドコラボレーションと呼ばれるこの製品は、テルストラのオーストラリアのデータセンターでローカルにホストされ、企業、企業、政府の顧客に提供されています。

今年3月にTelstraは、今年末までに独自のクラウドサービスを提供し、その過程でCisco Evolved Servicesプラットフォームの世界的なパートナーとなることを発表しました;シスコは、主要パートナー、Telstra先週、テルストラは、6月30日に終了した事業年度にユニファイドコミュニケーション事業の収益が21.1%増加し、クラウドサービス事業が32.2%増加したことを明らかにした。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウドコンピューティングの成長

クラウド、クラウドコンピューティングのクーパ、7500万ドルのIPO、クラウド、クラウドコンピューティングが1つずつAPI、エンタープライズソフトウェア、スイートSUSE! HPEはLinuxディストリビューションを曇らせ、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開してより敏捷性を約束

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表