VoIPは2010年までに中小企業の使用を支配する

最近のオーストラリアの通信メディア局(ACMA)の報告によれば、大半の企業は固定電話サービスを主な音声通信として使用していますが、2010年までに中小企業全体でVoIPが普及するとの見解を示しています。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

最新のTelecommunications Todayレポートでは、企業の77%が固定電話回線のPSTNサービスを音声通信の主要な形態として利用していることがわかりました。

ACMAによれば、「中小企業のわずか19%が携帯電話を主要な通信形態と考えている」と述べている。

しかし、リサーチ会社のIDCのシニアモバイル・ワイヤレスアナリスト、Waqas Javed氏は、2010年までに中小企業の固定回線接続よりもVoIPが多いとWeb.com。

「PSTNの使用が確実に減少していることは、市場全体の採用がまだ目に見える傾向はないが、われわれは見ることができる」と語った。

「小規模事業者の多くは、小規模ビジネススペースでVoIPを進めようとしていましたが、現在は固定電話事業が減少しています。大手企業も同様に進出し始めています。急速に、 “Javedは言った。

IDCのアナリストは、中小企業の間でのVoIP需要の増大と、より大きな通信事業者の参入により、「より多くの」トリプルプレイサービスが開始されると述べている。年 “です。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、