Samsungはローエンドデバイスをターゲットとし、LTEは利益の低下の中で成長を目指す

サムスンは第4四半期と今年度の業績を発表した。第4四半期の売上高は59.28兆ウォンで、前四半期から0.3%増加した。年平均で見ると、2011年度の収入は228.59兆ウォンで、これまでに記録した最高額は前年比で14%増えた。

しかし、同社の利益は前四半期比18%減の8兆3100億ウォンだった。

同社は、ヨーロッパと中国をLTE(long-term evolution)の2つの主要市場として特定し、これを活用するために、LTE対応のハンドセットに焦点を当てると述べた。

錠剤の摂取は、同社の市場シェアと収益性の向上につながり、その結果、事業内に新しい「大画面」製品カテゴリを生み出すことが期待されています。さらに資本化するために、新しい中低価格のタブレット製品が作成されます。

このような低価格製品のテーマは、メモリ部門における同社の利益を促進するのにも役立っています。同社は、中堅・中小型スマートフォンのメモリ需要が増加し、DRAMチップの販売が好調に推移したと発表した。

400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる

耐水iPhone 7のAppleの保証は液体の損傷をカバーしていません

オーストラリアの航空会社がSamsung Galaxy Note 7を禁止

Republic WirelessでSamsung Galaxy S7 Edgeとのハンズオン:より良いWi-Fi通話体験

モビリティ; 400ドルの中国のスマートフォン?アップルとサムスンは安いライバルを追い払い、とにかく価格を引き上げる、iPhoneは、iPhone 7の耐水iPhone 7のためのAppleの保証は液体の損害をカバーしていない;移動性;オーストラリアの航空会社はサムスンギャラクシーノート7を禁止する;モビリティ;サムスンギャラクシーS7エッジとハンズオンRepublic Wireless:より良いWi-Fi通話体験