シンガポール、地元のIT人材を雇用

シンガポールのInfocomm Development Authority(IDA)とNIIT Asia Pacific Pte Ltdは、シンガポールが中国、インド、インドネシア、マレーシアのNIITのグローバルトレーニングセンターから1年以内に雇用のために1,000人の有資格の情報通信人材を導入すると発表した。

今日の新興国では、多くの高成長分野が情報通信人材の大幅な不足に直面しています。

シンガポールのインフルエンザ人材の成長率は今後2年間で平均10%となり、これは毎年1万人の情報通信人材の必要性につながります。 2010年までに、25万人の情報通信人材が必要になります。

IDA-NIITとの提携に類似した提携は、シンガポールの人材を補完するために企業が情報通信人材を探すのを容易にすると期待されている。

8月25日、インドのニューデリーでMOU(Memorandum of Understanding)が署名された。

IDAの役割は、戦略的パートナーやトレーニングセンターの広報を通じた取り決めの促進です。

IDAはまた、外国人の才能が最終的にEPを取得するのに問題がないことを保証するために、雇用パス(EP)基準に基づいてクライアント企業の候補者をプレスクリーンする。

NIITの顧客企業は、民間組織によって決定されるExecutive; Search費用をNIITに支払わなければならない。

IDAは、「シンガポールにすでに存在する現地の人材を増やす以外にも、国際的な人材の存在が当社のインフラ業界の活力に貢献すると信じています。

カイザード博士は、IDAは現在、他の企業のファイナライズの過程にあると指摘し、企業が世界中の人材を惹きつけて募集するのを支援しています。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験