脅威に関するデータを共有する米国のサイバーセキュリティ法案

米国のスパイ代理店がサイバー脅威に関する情報を民間企業と共有することを可能にする法案は、同国の衆院情報委員会の支援を受けている。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

ロイター通信によると、恒久セレクト委員会は木曜日に17-1の投票で法案を承認し、国防総省のオンライン脅威情報を防衛請負業者やインターネットサービスプロバイダー(ISP)と共有するパイロットプログラムを拡張すると発表した。

この実装では、より多くの企業が米国国家安全保障局(NSA)および他の機関から機密データにアクセスする資格があります。

この法案はまた、企業から政府に与えられたデータのプライバシー保護を拡大するように改正され、ISPが顧客について提供するデータも含まれる可能性がある。改正によると、そのデータは国家やサイバーのセキュリティのためにしか使用できない。

例えば、法案のスポンサーであるNSAは、特定の脅威を特定する情報をISPと共有することができ、その結果、サービスプロバイダーはそのソースからの顧客へのトラフィックをブロックすることができます。しかし、政府は攻撃からサイバーネットワークを保護するためだけに収集されたデータを検索することが許可されるだろう。

「懸命な作業と妥協により、サイバー脅威の共有を有効にしつつ、民間部門が自らのネットワークを守るための明確な権限を与えながら、プライバシーと市民の自由を強力に保護する繊細なバランスを打ちました」とMike Rogers議員同委員会委員長は声明の中で述べた。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、