ソニーVAIO PCG – F809Kレビュー

ソニーの主力デスクトップ交換用ノートブックは、VAIO PCG-F809Kです。これは、850MHzのモバイルPentium IIIプロセッサ、128MBのRAM、大容量の30GBのハードディスク、さらには15インチの大容量のメモリを搭載しています。 TFTディスプレイ。

ソニーのおなじみの紫色とグレーのVAIO製作では、F809Kは重さ3.2kg(ACアダプターで3.6kg)、幅32.4cm、深さ26.6cm、高さ5.4cmの嵩高いシステムです。それでも、DellのInspiron 8000よりもわずかに小型軽量です.3スピンドル設計のレビューモデルには、右側に固定された8スピードDVD-ROMドライブが付属し、1.44MBフロッピードライブ。後者は、標準の2,600mAh Li-ionユニットが2時間だけシステムに電力を供給するため、F809Kを使用して旅行する場合に必要な、第2のリチウムイオン電池と交換することができます。

Intel 440BXチップセットがハード・ディスク・コントローラのサポートをUltra-ATA / 33に制限しているにもかかわらず、850MHzのモバイルPentium III SpeedStepプロセッサ、128MBのPC100 SDRAMおよび30GBのIBMハード・ディスクの組み合わせにより、予測可能な優れた性能を発揮します。 F809KのビジネスWinstone 99スコアは、Windows 2000 Professionalで34.3です。この数字は、システムの強力でない8MB ATi Rage Mobility M1グラフィックスチップセットのため、レビューした2つの850MHz Dellシステムのわずかに下回っています。Latitude C600とInspironの251と289に比べて180のBusiness Graphics WinMark 99スコアを提供します8000である。

しかし、TFTディスプレイには何も問題はない。デルのInspiron 8000と15インチのディスプレイを合わせたものだ。対角線と1,400×1,050の解像度です。 DVDムービーまたは独自のビデオ素材を外部画面で表示するには、VGAポートを使用して外部モニタを接続するか、AVミニジャックを使用してTV画面を接続します。ヤマハDS-XGで駆動する内蔵スピーカーの音質は十分ですが、ヘッドホンや外付けスピーカーではるかに優れています。

F809Kは、I / Oポートと拡張に関する限り、十分に装備されており、左側にタイプIIのPCカードスロットが積み重ねられ、下側にオプションのドッキングステーション用のコネクタが装備されています。すべてのVAIOと同様に、F809Kにはi.LINK(IEEE 1394)ポートとシリアル、パラレル、VGA、PS / 2、デュアルUSBなどの従来のコネクタがあります。内部56Kbit / sモデム用のRJ-11ポートがありますが、LAN接続が必要な場合は、オプションの10 / 100Mbit / s CardBus EthernetカードのPCカードスロットを使用する必要があります。赤外線ポートを探しているなら、あなたはまた失望します。

87キーのキーボードは、カーソル、PgUp、PgDn、ホーム、エンド、および削除キーの合理的な配置でうまくレイアウトされ、2ボタンのトラックパッドはうまく機能します。 F809KにはWindows 2000 Professionalだけでなく、MovieShakerビデオ編集ソフトウェアが含まれているソニーの慣習的なマルチメディアソフトウェアバンドルが付属しています。

VAIO PCG-F809Kは、典型的なスタイリッシュで機能豊富なソニーのノートブックで、同様の価格プレミアムも備えています。しかし、余分なお金を払う気にならないなら、あなたは失望しないでしょう。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン