Samsung 305U1A – パート1、Windows 7 Home Premium

さて、私はもう一度やった – 別の新しいネットブック/サブラップトップ。しかし、私のネットブックのいくつかは最近新しい家に近づき、近い将来に別のものが出る可能性が高いため、今回は良い理由があります。 Lenovo S10-3は現在ジョージアにあり(国ではなく、国)、新しいAcer Aspire Oneも進んでいます。それを、私が素晴らしいSamsungシリーズ3モデルと思われていたものに非常に良い取引をしたという事実と組み合わせると、ここにあります。私はかなりのサムスンのファンになっているようです – これは私の既存のN150プラスとNF310で3番目のものですが、今は非常に面白い小さなシステムを作っているので、それには良い理由があります。

これはSamsung 305U1Aで、Samsungの全く新しいラインのようです。非常に薄くて軽く、196x277mmで厚さは約25mmで、重さはわずか1.2Kgです。 AMD E350 1.6GHzデュアルコアCPU、4GB DDR3メモリ、AMD Radeon 6310グラフィックコントローラ、11.6インチ1366×768ディスプレイ、500GB SATAディスクドライブ、WiFi b / g / n、Bluetooth 3.0を搭載しています。スイスで暮らしたり買い物したりすると、これは非常に良い取引です – 私は他の通常のディストリビューターとtoppreise.chウェブサイトをすべてチェックしました。 Windows 7には唯一悪い点があり、数日後にはさまざまなLinuxディストリビューションをどのように読み込むのかを詳しく説明する予定ですが、どのように働くのか

最初にやりたいことは、Windowsのインストール/起動手順を実行する前にディスクがどのようにレイアウトされているかを確認することでした。私はLinux Mint 12のLiveUSBスティックを起動し、gpartedを起動しました。うーん。すべての4つのパーティションは既に割り当てられています.1つはWindowsブートローダ用、もう1つはSamsung Recoveryパーティション用、もう1つはWindowsインストーラ/ディストリビューションパーティション、もう1つは通常のWindows C:パーティションのように見えます。 Windowsをインストールしてもまだ4つのパーティションを使用している場合は、Linuxをインストールできる拡張パーティション用のスペースを確保するためにいくつかのことを周りにしなければならないため、より難しい作業になります。

私はMint 12 Liveを実行していましたが、ハードウェアをすばやく見ました。当然のことながら、問題なく起動し、ディスプレイが適切な解像度であったため、基本はすべてokでした。これは、FOSS Radeonドライバを実行していました。他の一般的な障害のブロックもよく見えました.Broadcom WiFiアダプタを認識して設定し、Bluetoothが稼働していました。タッチパッドには本当のボタンがあります。ちょっと変わった “ClickPad”のことはありません。(正直なところ、これをチェックしていましたが、ClickPadがあれば購入しませんでした)それはかなり典型的な “チックレット”キーボードを持っていますが、それは決して私のお気に入りですが、それは大丈夫です。ディスプレイには無反射のコーティングが施されていますので、眩しい光で読むのが非常に簡単です。これは大きなプラスですHDMIポートを持っています – 私はいつもAMD / ATIシステムを探しています、なぜなら典型的なIntel AtomシステムはHDMIを持っているからです。これは、ピクチャなどを表示するために、自分のテレビまたは他の外部モニタに接続するときには大きなプラスです。また、VGA接続、3つのUSBポート、有線イーサネットポート(詳細は下記)、SD / MMCメモリカードスロットを備えています。私がMint Liveをシャットダウンするまでに、私はさらに喜んで感動しました – これはお金のためのシステムです!

さて、今、私はWindowsのセットアップ手順を尋ねる準備が整いました。インストール中にWindowsに不平を言いたくないので、有線のネットワークケーブルを接続したいと思っています。それから、私には、これは非常に薄いので、RJ-45ソケットをどのように持つことができないのか分かりません。うーん。それを周りに回して、見てもらえなかったのは間違いない。それは有線ネットワーキングを持っていない可能性はまったくありませんので、もう一度見てください。ああ!そこにそれがある!彼らは賢い若者だ!私はそうだった、それはRJ – 45コネクタのためにあまりにも薄いです。側面には、電源プラグの隣に、RJ-45プラグの底部を開いて形成する賢明な小さなフリップダウンカバーがあります。

私はこのようなものを持っている他のシステムがあると思いますが、それは私が見た最初のものです、そして、私はかなり感銘を受けた。

だから、私は有線イーサネットに接続し、それを起動し、Windowsの最初の使用手順でスローグを開始しました。サムスンのセットアップに関する素晴らしい点の1つは、ディスクを1つの大きなC:パーティションとして使用するか、それをC:およびD:パーティションに分割するかの選択肢です。 Linuxをインストールするときは、2つのパーティションのレイアウトを選択して、後でD:パーティションを削除し、そのパーティションにパーティションを作成して拡張パーティションを作成し、拡張パーティションにLinuxをロードできるようになります。それ以外のWindowsのインストールと設定は非常にスムーズに進みました。初めて起動するまで約30分かかりました。サムスンのもう一つのプラス、このシステムは余分なゴミで過負荷にならない。私がしなければならなかったのは、Symantec Internet Securityを削除してAVG Freeをインストールしてから、Firefox 9.0とOpera 11.60をインストールするだけでした。

Windowsの起動時間は比較的遅いようですが、それは驚くことではありません。さらに悪いのは、パスワードを入力した後で、実際にデスクトップを持ち上げて使用する準備が完了するまでの時間が永遠のように見えることです。サムスンは、あなたがWindowsを定期的に使用していて、この遅さを避けるかもしれない睡眠/再開を信頼してくれるかどうかを推測しているので、睡眠/再開以上のものである「インスタント・オン」を大いに促進しているようです。個人的に私は、数時間、数回のサスペンド/レジュームサイクルにわたってずっと少なくても、Windows自体をねじ込み、バービングすることなく数時間稼働させることを信頼していません。あなたのマイレージは異なる場合があります…

だから、私は今、最初のハードルを超え、Linuxのインストールを開始する準備が整いました。私はこれを本当に楽しみにしています。これは優れたLinuxネットブックになると期待しています。私の最愛のパートナーがそれを見ていない限り、これは私が自分のために守っているものかもしれません。今の年齢のN150 Plusを交換すると主張することにします。

次へ:Linuxの初期設定とopenSuSE 12.1のインストール

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューション、クラウド、Red HatはまだOpenStackの企業、エンタープライズソフトウェア、Linuxの初期段階からのLinux、Linuxのサバイバルガイド:LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるように計画しています

?Red HatはまだOpenStackの会社であることを計画しています

?初期のLinuxで始める

Linuxのサバイバルガイド:この21のアプリケーションは、LinuxとWindowsの間で簡単に移動できるようにします