UL、ドレクセル大学と研究拠点を設立

ラファイエットのルイジアナ大学とペンシルベニア州フィラデルフィアのドレクセル大学のiSchoolが一緒に集まり、ハイテク研究センターを開設しています。

今回の共同研究により、ビジュアルとデシジョン・インフォマティクス(CVDI)向けに設計された国立研究センターが設立されました。このプロジェクトは、National Science Foundation(NSF)、業界パートナー、およびCVDIのメンバーである様々な政府機関からの資金提供を受けています。マッチングする大学の資金も授与されました。

CVDIは、米国内の現在のコンピュータ情報センターおよびエンジニアリングセンターのうちのわずか16に過ぎません。

このリリースによれば、CVDIは、政府および産業界における企業の情報の解釈および分析方法を根本的に改善する意思決定を可能にする視覚的および意思決定支援ツールおよび技術を開発する研究拠点として役立つだろう。

このセンターの目標は、次世代のビジュアルツールを促進、研究、開発すること、政府や業界団体が情報の解釈と分析の技術を向上させることです。

このスキームは、商用システムに関わる人々が特定の方法でデータを取得し分析するのを手助けする新しい種類の「意思決定環境」を促進することを目指しています。これは、コンピュータサイエンスやヘルスケアから財務やビジネス分析まで、多くの業界に当てはまります。

情報視覚化、視覚分析、自動分析の分野での研究に焦点を当てることにより、CVDIは関連業界に最先端の技術を提供する専門機関の1つとなることを目指しています。

センターの個々の目標は以下の通りです

私たちは、革新、起業家精神、経済開発、労働力開発における国家の優先事項に対処する問題を解決しています」と、ULの副社長であるRobert Twilley氏はこのリリースで述べています。

ソリューションは、大きなデータの出現に照らして歓迎され、ビジネスプレイヤーがこのコンセプトを活用して対処する方法を学ぶのを支援します。このパートナーシップは、ルイジアナ大学がNSF産業/大学共同研究センターとして指定された初めてのことであり、現在は視覚と意思決定のインフォマティクス研究に専念する唯一のものです。

知識と技術の商業製品への創造と移転を促進する;ビジュアル情報と意思決定情報分野の人々が必要とする技術とリソースを研究する;この分野の学生を教育し、将来的に働くことができる学生の労働力を提供する情報学

ボンド大学は学生にクラウドコンピューティングコースを提供し、大学はタブレットの液体キーボードを開発し、インディアナ大学はコンピュータネットワークの革新のための助成金を確保し、イリノイ大学は新技術施設を発表した。大学がルワンダの技術キャンパスを発表

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任