カンタスはインディアンに契約で191万USドルを手渡す

カンタス航空は、アプリケーションサービスおよび変換(AST)アウトソーシングプログラムの契約で、インドのアウトソーサータタコンサルタントサービス(TCS)に191百万豪ドルのシェアを授与しました。

航空会社は、TCSとSatyam Computer Servicesにそれぞれ1億2000万ドルと7100万ドルの7年間の契約を渡した。

Tataは声明で、Qantasの移行フェーズのリードパートナーであり、Qantasの空港業務および商用システムにおける主要なITアプリケーションのすべてにサポートとメンテナンスを提供すると述べた。

タタ契約は、オーストラリアにおけるインド最大のアウトソーシング契約であると考えられている。

Satyamは、150以上のアプリケーションにアプリケーション開発および保守サービスを提供すると発表した。

先月の決定で最高潮に達したITシステムの12ヶ月間の見直しに続き、IT 340の雇用を狙う。これらの仕事のうち200以上がインドに送られます。

QantasのCEO、Geoff Dixonは、次のように述べています。「これらのアプリケーションの継続的なサポートに必要なスキルを持つサプライヤーが集中しており、これらのサプライヤーはQantasのような航空会社が”

QantasはASTプログラムを構成する契約のために今年初めに2人のインドのベンダーを選抜した。

今月は契約作業が始まります。

スタートレック:私たちの科学は科学のフィクションに近い9つの方法

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説、モビリティ、Kobo Aura ONE、First Take:大画面電子リーダー8GBのストレージ;イノベーション;すべての時間の最先端の技術発明高度な文明

高度な文明のすべての時間の最高の技術の発明