ソニーVAIO PCG-FX209Kレビュー

VAIO PCG-FX109Kは、ソニーのノートブックシリーズの旗艦であり、新しいPCG-FX209Kが登場しました。この1GHzデスクトップ交換システムは、ポータブルよりも強力で、前身の外観のほとんどを共有しています。

FX209Kは、1GHzモバイルペンティアムIIIプロセッサーが黒と青のマグネシウム合金/プラスチックシャーシの内側にはめ込まれているため、高速システムですが、デジタルビデオ/オーディオコンバージェンス用に設計されたシステムでは、 128MBのSDRAMは少し悲惨なようですが、30GBのIBMハードディスクドライブは、多くのビデオ編集を行うならば、より大きく(より速く)なります。

15インチTFTディスプレイは大型ですが、1,400 x 1,050 LCDポータブルを作成しようとすると、いくつかの障害が発生します。カーテンが画面の下部に見え、パネルが縁でクランプされている均一性の誤差があります。私たちはまた、画面の左端に固まっているピクセルを見つけることには失望しました。 FX209Kの後部VGAポートから2台目のモニタを駆動できます。また、ビデオの表示やDVDムービーの表示に便利なTV出力ポートもあります。

リムーバブル記憶メディアを提供し、ドライブを交換することなくDVDムービーを再生できる統合DVD / CD-RWコンボドライブが含まれています。右側のフロッピードライブは取り外し可能です。これは、FX209Kが1つのバッテリーとフロッピードライブが装着された3.5kgの重いデバイスであるか、または重量セーバーに置き換えられたフロッピードライブが搭載された3.3kgの厄介なデバイスとして便利です。

VAIOから期待されるように、FX209Kはi.LINK(IEEE 1394)ポートを備えています。これは外付けハードディスク、ネットワーキング、主にデジタルビデオ機器に400Mbit / sの高速接続を提供します。ソニーは通常のA / Vユーティリティを搭載していますが、Adobe Premiere 5.1 LE、i.LINK経由でRAW DVフッテージをキャプチャして編集するためのデジタルビデオプラグインも含まれています。 FX209Kには専用のビデオ処理ハードウェアはありませんが、1GHzプロセッサーは確かにPremiereで特殊効果を処理してビデオストリームをレンダリングする時間を短縮します。

わずか2時間半で、このWindows 2000ベースのシステムのバッテリ寿命は、あなたが期待するものとほぼ同じです。つまり、特に印象的なものではありません。電源管理でもう少し押すことができますが、まだ十分でない場合は、フロッピーディスクドライブの代わりに2番目のバッテリを取り付ける必要があります。 2つのタイプII PCカードスロットと、内蔵のConexant-Ambit V.90 56Kbit / sモデムとIntel Pro 100 Ethernetコントローラが含まれています。 2つのUSBポートがありますが、メモリスティックスロット、PS / 2ポート、赤外線ポートはありません。

ビジネスウィンストン2001の結果が28.2の場合、FX209Kは主流タスクに対応できるほど強力であり、Content Creation Winstone 2001スコア31.2はハイエンド業務に適していることを示しています。それは、携帯用の荒れ狂いの転倒を処理するのに十分な頑丈さの印象を与えるが、高すぎるだけである。これは、1GHzプロセッサ、大型LCD、IEEE 1394接続を備えた唯一のノートブックではないため、この製品を購入する前に買い物をしたいと思うかもしれません。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン