SAPはLumiraにデビューし、セルフサービスのビジネスインテリジェンス

来週、SAPのサファイア・ナウの顧客会議に先立ち、SAPは本日、提供しているVisual Intelligence製品に代わるセルフ・サービス・ビジネス・インテリジェンス・プラットフォームであるLumiraの提供を発表しました。

(なぜ名前が変わるのか?それはもっと人にやさしく、しかもGoogle対応のモニカですが、ティモ・エリオットはこう書いています。

同社は、リアルタイムでデータを視覚化し、デバイス間でドキュメントを共有し、データセットをクラウドに公開し、それらの周辺で分析を共有するなど、新しいソフトウェアのクラウド機能を宣伝している。これはHTML5上に構築されており、当然、SAPのHANAインメモリコンピューティング技術をネイティブサポートしています。

それにもかかわらず、ビジネスケースは変わりません。セルフサービスソフトウェアでは、必ずしもMicrosoft Excelスプレッドシートを使用せずにITサポートの必要性を減らすことができます。

このソフトウェアの標準版、個人版および試用版は、現在SAPのストアで入手できます。

調査によると、SAP HANAは節約をもたらします

SAP、ビジネスウェアハウスのHANA専用バージョンを開始

SAP HANAイノベーションアワード受賞者発表

SAPは食品デジタル化、ビッグデータ会社であるVivandaに投資します

SAPの課題:経済面での共感を売ること、SAPがSybase 365でサービスとしてのデータを提供すること、SAPはUPSの3D印刷パートナーシップで製造業に「生きる」ビジネスをもたらすこと、SAPは機械学習を使ってジェンダーバイアスに取り組むこと、 SAP Anywhereは米国で展開され、SAPはHANAをMicrosoft Azureに置きます

ビッグ・データ・アナリティクス、ビー・データ・アナリティクス、ビジネス・ウェアハウスのHANA専用バージョン、SAP、SAP HANAイノベーション・アワードの受賞者、ビッグ・データ・アナリティクス、SAPはVivandaに投資し、食品デジタル化、大企業

もっとサファイア今すぐ