特許庁がソフトウェア指令に関する議論を望む

英国特許庁(UKPO)は、英国全体で一連の公開ワークショップを開催し、提案されたソフトウェア特許指令について議論すると発表した。

ワークショップでは、特定のソフトウェア特許を付与するかどうかを決定する際に、「技術的貢献」の定義を検討します。これは、コンピュータ実装発明指令(CIID)の重要な部分であり、技術的貢献を行うためにソフトウェアを公開することができれば、特許を取得することができるという。

欧州議会が水曜日に完全な書き直しを求めた後、この指令の将来は不確実である。英国は、ポーランドなどの仲間のEU加盟国とは異なり、この指令を非常に支持している。 UKPOの広報担当者によると、これらの公的ワークショップは英国の将来の特許政策に影響を与える可能性がある。

ワークショップの成果によって決まる – 例えば、合意があるとすれば、政策を変更することは非常に説得力があります」と広報担当者は語った。「しかし、全く新しい方向性があることを約束します。私たちは、ワークショップの内容を待つ必要があります。

UKPOのディレクター、ピーター・ヘイワード氏は、特許庁はソフトウェア産業がCIIDに分かれていると認めていると述べた。 UKPOは、この会合が両国を幸せにする定義を策定するのに役立つことを願っています。

ヘイワード氏は、この指令に対する反対意見は、大企業と中小企業の従来の部門だけでなく、ソフトウェア産業のさまざまな分野でも表明されている」と述べている。特許システムが技術発明を保護することを可能にする開発者を見つけることができる。

科学とイノベーション大臣のセインズベリー卿は、2004年12月に貿易産業省で開催された会議の終わりに、技術貢献の問題についてより多くの議論が必要であることに合意した。12月の会議では、 UKPOによれば、招待されたことがなく、ソフトウェア開発者または特許専門家がこのワークショップに参加することができます。

技術寄与の問題は難題です。 CIID内の現在の定義は曖昧であると批判されており、この指令の反対派は、企業がソフトウェアの大部分を特許取得することを許可すると述べている。昨年10月、さまざまなドイツの政治家が定義変更を提案し、ソフトウェアが物理的な変化をもたらし、単なるビジネスプロセス、アルゴリズム、またはデータ処理活動であれば特許を取得することはできません。

ワークショップに参加するには、2月18日までにUKPOサイトに登録する必要があります。ワークショップは3月と4月にコヴェントリー、ボルトン、ブリストル、ベルファスト、グラスゴー、ロンドン、カーディフで開催されます。

ブラジルと英国、技術革新協定に調印

イギリス政府全体での使用が承認されたブロックチェーン

これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています

イノベーション、ブラジルと英国の技術革新協定に署名、政府:英国、英国政府全体で使用するためのサービスとしてのブロックチェーン、セキュリティー、これらの数字は、サイバー犯罪が以前考えられていたよりもはるかに大きな脅威であることを示しています。恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか

インターネットの物事のセキュリティは恐ろしいです:あなた自身を守るために何をすべきか