フィリピン政府、IBM、IBMを率いてOracle-HPへ

マニラ – IBMの問題をはっきりと凌駕する政府サービス保険システム(GSIS)は、OracleデータベースとHewlett-Packardサーバーを実行する新しいITシステムへの移行を開始したと発表しました。

GSISとIBMは、ソーシャルセキュリティ機関がIBMに欠陥のあるデータベースソフトウェアを提供していると主張している裁判所内外の紛争に巻き込まれている。ビッグブルーは、ソフトウエアがSAPとのOEM(Original Equipment Manufacturer)契約により実装されているため、GSISとのサービス契約に直接関与していないと主張している。

GSISは、6月に開始されたこの訴訟は、新しいITシステムが導入されているとしても進めると述べた。

地方政府機関はまた、新情報セキュリティ責任者、ジョナサン・ピネダを正式に紹介した。ジョナサン・ピネダ氏は、かつてエジルベルト・オカンポ氏の元役員だった。元職員は、「異常な」取引を承認したとして正式に解任されたIBM。

クリスティン・ブレイク中の可能性のある窓を見て、移行を完了するために、GSISは崩壊を最小限に抑えるために、可能性のある窓を探している。

新しいITインフラストラクチャのコストに関する数字は明らかにされていません。 GSISは、IBMのDB2ソフトウェアおよびPシリーズ・サーバーを購入するために、約4000万ペソ(US $ 863,530)を費やしました。

オラクルとHPの両社はまだ新しい契約についてコメントしていない。

ピネダ氏は、GSISは「新しいシステムが生まればもう使用することはできない」ため、IBMのインストール全体を捨てると語った。

しかし、IBMのシステムと並んで展開されているSAPアプリケーションは、引き続きOracle-HPインフラストラクチャーで使用されると述べました。彼は、GSISが最近、SAPフィリピンと長期のサービス契約を締結したことを明らかにした。

最近の洪水の影響を受けたメンバーのローンを処理する政府機関のシステムが機能しなくなってから、IBMとGSISの間の闘争は先週激化した。

Pineda氏はCTOのHenry Agudo氏がIBMのフィリピンに救済措置を要求し、Big Blue氏が対応し、GSISをSAPに指摘し、問題をIBMに返送するべきだと述べた。

IBMフィリピンのスポークスマンは、GSISはIBMとのグローバルアライアンスを持つSAPのデータベースを調達したため、これが適切なルートだと語った。

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

Melvin G. Calimagは、フィリピンに拠点を置くフリー・ライターのITライターです。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル