ソフトウェアライセンス:柔軟性のためにSAPはユーザーの負担を強いられます

OracleとSAPとの最新の2回の会議通話では、大量に話題になっていましたが、これはあまり関係しません。しかし、OracleとSAPは共通の執着を共有しています。

SAPは柔軟性と透明性を高めるために、ユーザーグループのロビー活動を長期化させた後、社内ライセンスの立場を変えました。

エンタープライズソフトウェアの大企業は、未使用のライセンスを終了させ、無駄なメンテナンス費用を最小限に抑えることができます。

しかし、企業は未使用ソフトウェアに割り当てられた支出を引き続き選択したSAP社内製品に再配分する必要があります。

ライセンスの変更は先月、SAPカスタマが統一されたSAP HANAクラウドプラットフォームイニシアチブの一環としてオンプレミスライセンスをクラウドサブスクリプションに置き換えることができるという発表に続きます。

「オンプレミス拡張モデルでは、再配置による新規メンテナンスには、少なくとも同じままで済むことが求められています」と、SAPのオンプレミスポートフォリオの他のソリューションを使用して、既存のオンプレミス環境を進化させることができますと発表した。

記載されたモデルはオプションであり、顧客がオプションの1つから恩恵を受けることを決定しない限り、SAPとの既存契約には何の影響も与えません。

英国とアイルランドのSAPユーザーグループ会長のフィリップ・アダムスは、この変更は正しい方向への一歩だと語った。

「既存の顧客がクラウドソリューションに移行するのを容易にし、より魅力的にするとともに、SAPの認可を2年以上延期して、パーキングやライセンスの一部を終了できるようにしました。

「これまでは、顧客がSAPからすべてのライセンスをカバーする契約を1つ締結した場合、ライセンスの一部と関連する保守コストをオフにすることはできませんでした。

しかし、同氏は、今回の変更により、顧客は免許を取得できないと指摘した。

「顧客は注意深く、将来的に使用していないライセンスが必要かどうかを検討する必要があります。ライセンスが終了すると、スイッチを切ることはできません。

本質的に、顧客が将来これらのライセンスを必要とする場合、それらを再度購入し、潜在的により低い割引で購入する必要があります。

Adams氏は、この変更が、不況の間に労働力が縮小した組織に役立つとしている。

「他の顧客にとっては、既存の投資をSAPの新しいオンプレミスまたはクラウドソリューションに再配分できると明言しているSAPの正式なポリシーの存在が歓迎されるだろう」と同氏は述べた。

ドイツ語圏のSAPユーザーグループ(DSAG)によると、特定の条件下で特定のライセンスを終了する機能は、グループの長年にわたる要求を満たしていました。

SAPはHANAクラウドプラットフォームに統合され、Snabeが監督陣に移行したことで唯一のCEOに戻り、SAP HANAに地理データを追加するSAPプロットとアジアで9%減少販売

DSAGは声明の中で、「これの主要な条件は、未終了ライセンスの維持管理基盤の再評価になる」と述べた。

SAPはDSAGと共同でこの変更について協力してきたことを強調しました。

昨年10月に英国とアイルランドのSAPユーザーグループによる調査では、ユーザーの95%がソフトウェアライセンスポリシーが過度に複雑で、97%がサポート期間中に未使用ライセンスをパークすることを望んでいたと考えていました。

クラウドソフトウェアメーカークーパ、7500万ドルの株式公開

クラウド、クラウドのソフトウェアメーカー、クパのファイルは7500万ドル、エンタープライズソフトウェアは?TechnologyOneは農業、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか、Enterprise Software、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

SAPライセンスの部分的な終了

長期にわたるユーザーの要求

SAPとHANAの詳細