ソフトバンク、インド企業に800万ドルの投資で賭ける

日本のソフトバンクは、インドの10年間の投資計画の一環として、インドの2つの電子商取引会社、SnapdealとANI Technologiesに対して、8億ドル以上を調達しています。

通信大手は、インドのオンラインショッピングウェブサイト(タタグループ、インテルキャピタルなど)に最大の投資家になるために、Snapdealの持分に対して6億2,700万ドルを支払うことに合意したと述べた。ロイター通信によると、11月末までに完了する見通しで、Snapdealの評価額は20億米ドルに達する見通しだが、両社はソフトバンクがどれだけの株式を保有しているかを明らかにしなかった。しかし、日本の投資家がSnapdealの約30%を所有していると言います。

2500万人の登録ユーザーと50,000人の加盟店を持つインドの電子商取引事業者は、FlipkartとAmazonからの競争が激化する中で、その事業拡大に向けて資金が向かうと述べた。

Snapdealの共同設立者兼最高経営責任者(CEO)であるKunal Bahlは、ロイター通信に対し、SoftBankとの契約はわずか3週間の交渉をしたと語った。 「私たちがしようとしている設備投資の大半は技術に依存している」と、来年は2億5000万ドルが費やされると付け加えた。同氏は、来月バンガロールでイノベーションセンターを開設し、約500人のエンジニアを雇う予定だと語った。

電子商取引事業者は年間売上高10億米ドルを計上し、2010年の発売以来3億5,000万米ドルの資金を調達した。

SoftBankは、Snapdealとは別に、タクシー予約のためのモバイルアプリだけでなく、キャブやレンタカーサービスを提供するインドのウェブサイトANI Technologiesの2億1,000万ドルの投資ラウンドを主導すると述べた。 Ola Cabsとも呼ばれています。

今回の発表は、日本の通信会社の孫正義(Masayoshi Son)会長が今後数年間で100億米ドルをインドに拠出するとの約束のもとに行われた。具体的には電子商取引分野である。今週訪問したニューデリーでは、インドのテレコム・IT大臣とNarendra Modi首相と会い、同国における同社の投資計画の概要を説明した。

インドは今後10年間でインドが強く成長することを確信しており、今後数年間にインドに大きな資本を投入する予定です。彼は声明で言った。

インドのCNBCとのインタビューで次のように述べている。「今後10年間に100億米ドルを投資する意欲が強く、SnapdealはインドのAlibabaのような可能性を秘めていると強く信じている」

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインドの通信会社を揺るがす

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携

GoDaddyがWordPress管理ツールManageWPを購入

PayPal、MasterCardとのパートナーシップを拡大

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

Reliance Jioは安価なデータと無料の音声でインディアンテレコムを揺るがすCloud;?XeroはBPAY支払いのためのMacquarie Bank、SMB、WordPress管理ツールManageWP、E-Commerceを買収し、MasterPardとの提携を拡大