SKハイニックスの年間売上高は過去最高を記録しましたが、

韓国の第2位の半導体メーカーであるSKハイニックスは、飽和スマートフォン市場でのチップ需要の低迷や第4四半期の純利益の大幅な減少にもかかわらず、2015年の販売台数が過去最高を更新したと発表した。

同社は、第4四半期の純利益は8,173億ウォン(7260万ドル)で、2014年の第4四半期の1.6兆ウォン(約13億3000万ドル)から45.5%減少したと発表した。

第4四半期の純利益減は、すでに飽和しているスマートフォン市場の中でサプライヤーのチップを運ぶスマートフォンの需要が乏しく、全体的な国際的なビジネスの見通しが暗いことに起因する可能性がある。

酸味の純利益に加えて、第4四半期の売上高および営業利益も大幅に減少しました。 SKハイニックスのDRAMチップなどの売上高は前年比14.2%減の4兆4000億ウォン、営業利益は1兆4000億ウォンから9848億ウォンに下がった。これは2014年第4四半期の40.7%減である。

第4四半期の業績は低迷しましたが、同社は2015年に記録的な売上高と収益を達成しました。

SKハイニックスは連結売上高18兆8000億ウォンを2014年に比べて10%増えたと発表した。同社の営業利益は3兆3000億ウォンで、2014年に比べて4%増、純利益は3兆3000億ウォン2014年

SKハイニックスは、火曜日の財務発表2週間前に、PC、タブレット、スマートフォンで飽和した市場に対抗するため、6兆ウォンのR&D投資計画を発表した。韓国のサプライヤーを引きずる。

SKハイニックスは、2Znm DRAMの量産を本格的に開始し、1Xnm DRAMの開発に注力することで、コスト競争力と利益率を強化するとしている。

SKハイニックスはまた、同四半期の業績発表に伴う声明で、「当社は、DRAMポートフォリオを柔軟に運用して収益性を向上させることになる」と述べた。

NANDフラッシュ・チップの出荷台数は4%増加したが、平均販売価格は15%低下した。

SKハイニックスは、3D NAND型フラッシュチップの競争力を高め、1nmプロセス技術をさらに発展させる計画です。同社は、開発を完了した直後に、48層3D NANDフラッシュ・チップを大量生産することになる。

四半期ごとに、DRAMのビット出荷量と平均販売価格は、それぞれ1%と10%低下しました。

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

あなたのiPhoneを安全に拭いて再販する方法

今、あなたはその道で何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができます

インドの反基本的な経済対策:Marc AndreessenはTwitterの騒動に悩まされている; LG PayはMWCでノーショーになる:Report; Singtelは純利益をSG $ 16M縮小する; FacebookはインドのFree Basicsプロジェクトを撤回する; Samsungは韓国の公共安全ネットワーク

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

iPhone、再販のためにあなたのiPhoneを安全に拭く方法、ハードウェア、その道のりで何かを破壊するUSB​​スティックを買うことができるようになりました;エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入