サムスンとノキア、屋内マッピング技術の調和を推進

サムスン、ノキア、ソニーなどは、モバイル業界全体の屋内位置情報サービスを標準化するために協力しています。

英国のチップ・デザイナーであるCSRを含む同社は、木曜日に「高精度屋内測位と関連サービスの革新と市場導入を推進する」と語っているIn-Location Allianceを発表した。

同グループは、イン・ロケーション・アライアンスの目的は、屋内環境のための新しいビジネス・ストリームを開拓するパイオニアとしての役割を果たすことである、と語った。「インドア・ポジショニングはモバイルサービスの次のフロンティアであり、企業の利益のために、アライアンスは主要な会場で使用するための世界規模の屋内測位システムを推進します。

位置情報サービスは、モバイル機器の最大の革新の1つを構成しますが、GPSなどの技術は、衛星との見通し線が確立できない屋内での使用が制限されています。

ブルートゥースのパイオニアであるCSRは、5月に同社のWebサイトに、モバイルメーカーとの間で、室内の位置情報技術をデバイスに組み込むことについて話していたと語った。当社は、その技術がアライアンスに支持されているかどうかを尋ねたが、書面の時点では回答を得ていない。

Bluetooth + Wi-Fi

同アライアンスの声明で述べたことは、「主なソリューション」は、すでに携帯電話に広く採用されているWi-FiとBluetooth 4.0低エネルギー技術の強化に基づいているということでした。

Wi-FiはGoogle(アライアンスではない)が屋内の地図を作成するために使用するテクノロジーの1つです。アライアンスに加盟しているノキアも同様の機能に熱心に取り組んでいる。

ユースケースは見逃せません。消費者は屋内ロケーションサービスを使用してモールの周りを移動したり、店舗内を移動したりすることができます。

2013年にはパイロットが始まり、2013年には屋内のモバイル環境で最初のコンシューマ向けアプリケーションを実現するモバイル端末ベースの導入が予定されています。

In-Location Allianceの創立メンバーはBroadcom、CSR、Dialog Semiconductor、Eptisa、Geomobile、Genasys、Indra、Insiteo、Nokia、Nomadic Solutions、Nordic Semiconductor、Nordic Technology Group、NowOn、Primax Electronics、Qualcomm、RapidBlue Solutions、サムスンエレクトロニクス、シーレーンイノベーション、ソニーモバイルコミュニケーションズ、TamperSeal AB、チームアクションゾーン、Visioglobe。

これらのiPhoneとiPadはすべて9月13日に廃盤​​になります

アップル社が新しいiPhoneをリリースしたとき、アンドロイドの所有者は何をしているのですか?イノベーション、M2M市場ブラジルに戻ってくる

T-Mobileの無料iPhone 7の特典には、初期費用と多くの忍耐が必要です

Appleが新しいiPhoneをリリースしたときのAndroidの所有者の行動

M2M市場はブラジルに戻ってくる